月別アーカイブ: 2017年2月

働きながらの転職活動は辛い日々でした

働きながらの転職活動は辛い日々でした

私は一年前に転職しました。どうしても前の仕事が合わず、未経験の職種で転職先を探すことになりました。

まずはハローワークに登録し、フリーペーパーの転職情報誌やネットの転職サイトなど、ありとあらゆるところで会社を探していました。

まずは情報誌で見つけた会社

最初に受けたのは情報誌で見つけた会社です。

書類選考を通過し、試験を受けに行ったのてすが、正採用前に数ヵ月の研修があるとのことで、前の職場を辞めるタイミングと合いませんてした。

次にハローワークで見つけた会社を2社受けました。結果を待っている間にも転職サイトから別の会社に応募していたのですが、結局ハローワークを通して受けた会社で内定をいただき、そこで働くことになりました。

私の場合29歳という年齢と、それに加えて未経験の職種ということで、簡単にはいかないとは思っていました。

ただ実際転職活動をしていて思ったのは、働きながらの転職活動がいかに大変か、ということです。

働きながらの転職活動は本当につらい

筆記試験や面接までこぎつけても、仕事を抜けて受けに行かなければならず、その時は転職するということを上司に伝えていないため、度々「ちょっと私用で…」と行って仕事を抜けるのが大変でした。

また会社によっては向こうから指定された日時に行けなければ試験を受けさせてもらえないところもあるので、その辺りのスケジュール調整には苦労しました。

そしていい感じで面接が進んでいても、数ヵ月研修を受けなければいけない、などの条件を出されてしまうとどうしても折り合いがつかず、ある意味こちらから辞退せざるをえない場合もあります。

私の転職活動の期間は4カ月ほどでしたが、普段通り仕事をこなしながら空いた時間で求人情報を探し、週末にはハローワークに通い、同僚の目をぬすんで応募先の会社と連絡をとりあったり。そういった生活が続き、精神的にも肉体的にもかなり疲れてきていました。

もっと長くなれば、疲れて果てて雇用条件等をあまり吟味せず、とにかく早く内定をもらいたい、という心境になってしまうのではないかと思います。

近頃はハローワークで求人を出しているブラック企業か話題になっていますが、中でも新卒の採用をせず、中途採用ばかりしているような企業は、とりあえず仕事を見つけたい、という求職者の足元を見ているように感じます。

もし次に転職活動をすることがあれば、私はハローワークは使わないと思います。きちんと条件を吟味して、使い捨てにされないような会社を選びたいです。

3人の娘におそろいの着物を買って上機嫌です♪

3人の娘におそろいの着物を買って上機嫌です♪

3歳、5歳、9歳の3人の娘におそろいの着物を買いました。

高価な買い物だったので、迷いましたが、買って良かったと思っています。

お3人がおそろいの着物を着ることで華やかさが一層まして、かわいらしい写真をたくさんとることができました♪

私達は今アメリカに住んでいるんです

私たちは今、アメリカに住んでいます。

近い将来、日本に帰国する予定です。

私も主人も日本人で、子供たちには日本の文化を学んで身につけてほしいと常に願っております。

3人の娘たちが通う学校では、マルチカルチャーデーというものが一年に一度あり、それぞれの国の文化を紹介するイベントがあります。

移民の国アメリカ。実にさまざまな国のカルチャーが紹介されるイベントです♪

そのイベントの時にぜひ、子供たちに着物を着て、日本の文化を紹介してほしいと思い、3姉妹おそろいの着物を購入しました。

娘たちはおそろいの着物をきて、折り紙、ヨーヨー、紙風船などをイベントで紹介しました。

私たちが住んでいる地域には日本人がまったくいないので、みんな興味津々で私たちのテーブルの周りに大勢の外国人の方が集まり、2時間あっという間に過ぎ去りました。

文化を紹介するために用意した折り紙や、ヨーヨー、紙風船はもちろん外国人の皆さんに喜んでいただけたのですが、それよりももっと、娘たちのきている着物にみなさん興味があり、2時間子供たちは、モデルになったように、みんなに一緒に写真をとってください。写真をとっていいですか?と大忙しで、テーブル付近では、写真待ちの行列ができるほどでした。

娘たちは最初は緊張していたものの、最後のほうは着物をきて優雅なすがたに自分たち自身がうっとりしていて、写真撮影を楽しんでいました。

帰り際、娘たちに親友のママから、うちの子に着物を着せてくれないかというお願いをされました。

後日、日程を組んで、写真スタジオで待ち合わせをして、着付けをしてあげました。

すごく喜んでくれ、日本を好きになってくれた外人さんです♪

着物は日本の文化です

着物は日本文化を紹介する上でなくてはならない貴重な文化の一つです。

小さいうちから着物を着る機会があれば、子供たちも日本の文化を身近に感じることができると思います。

マルチカルチャーデーを終えて、子供たちは「学校にも着物着ていきたいな~」なんて言っています。

3人の娘たちは、着物を通して日本文化に触れ、日本をもっと身近に好きになってくれたので、

今回は、着物を買って本当によかったと思っています。