投稿者「vivaitalia」のアーカイブ

愛犬の健康と喜びを守るためのドッグフード

愛犬の健康と喜びを守るためのドッグフード

愛犬に与えているドッグフードの種類・そのドッグフードを選んだ理由

私の家では今年の4月に7歳になるトイプードルを飼っています。愛犬との出会いはペットショップではなく、友人の愛犬行きつけのトリミングサロンでトイプードルの赤ちゃんが何匹か産まれたから買い手を探しているというお話からでした。

そこのトリミングサロンのオーナーさんの家では20匹ほどのトイプードルが飼育されており、オーナーさんがその犬たちに与えているドッグフードが「ROYAL CANIN」というものでした。犬を飼うということが初めてだったので、最初はどのドッグフードがいいかもわからず、オーナーさんの言うとおりこのドッグフードを購入し愛犬に与えることを決めました。

「ROYAL CANIN」について

犬種によって14種類ものドッグフードがあり、ひとつひとつその犬種にあった栄養成分・粒の形や硬さなどが細かく考えられてつくられているものだそうです。

また、プレミアムペットフードと呼ばれているだけあって値段もそこそこしますし継続的に与えていくことは悩みましたが、動物病院の先生が一番におすすめしてきたペットフードがこの「ROYAL CANIN」でした。

美味しいドッグフードを選ぶためには、様々なドッグフードについてしっかりと研究、比較した上で何が良いのか?についての詳細がきちんろ書かれているサイトを見ることが理想です。
参考サイト:https://xn--qckubrc3d4mx88rx6qa339h.xyz/

一時はほかのペットフードを初めてみましたが、愛犬は一切口にしませんでした。

ドッグフードの与え方

私の愛犬がドッグフードを食べるのは1日2回です。時間はだいたい決まっており、愛犬が目覚めて少し経つ朝の6時に一回と家族が仕事から帰宅する夕方の5時半に1回です。1回の量ですが、一般的な犬のお皿の8分目ほどです。

今が若干肥満という理由もあってあまり多く与えないように意識しています。最近では動物病院の先生から「ROYAL CANIN」の「満腹感サポート」というものをすすめられて与えています。基本的にはドッグフードのみで与えていますが、ごくまれにドッグフードにキャベツ・ゆでた人参・小さく切ったみかんなどを混ぜて与えています。

ドッグフードの見直しで老犬になっても健康に

予防接種で訪れた動物病院の先生のアドバイスでドッグフードの見直しをしました。予防接種を行う時に体重のチェックもと健康チェックをしてくれたのですが、愛犬のビーグルはビーグルにしてはサイズが小さいのに少しぽてっと太り気味で体重が13キロほどあり、その当時年齢が10歳に近かったので健康を考えてドッグフードの種類を考えてみると良いのではないかと言われました。そこで行ったドッグフードの改善点を紹介します。

健康な体を作ることを考えられたドッグフードを探す

ドッグフード売り場に行くとその種類は様々でお値段も本当にピンからキリまでそろっています。やっぱり値段が高いものは健康志向の高い商品が多いように感じられます。その中で年齢や犬種に合ったものを探すことが大切だと感じました。

また、ドッグフード売り場ではサンプリングを行っていたりします。人間でもそうですが好きな味、嫌いな味、食感があると思います。

とても健康に良さそうだからと選んだドッグフードもおいしくなくて食べる気にもならないようなものでは困ってしまいます。サンプリングやお試しサイズのものを購入して味や食感が合うかどうかを見極めてあげなくてはなりません。

ドッグフードの与え方

ドライタイプのものと缶詰タイプやパウチタイプのドッグフードが良く販売されています。我が家ではドライタイプのものと缶詰タイプのドッグフードを半分半分くらいにミックスして与えています。

やはり老犬になってくると嗅覚も若干衰えてくるようで、ご飯の時にはしっぽを振って喜びますが缶詰タイプのドッグフードはドライタイプのものに比べておいしそうなにおいが良く漂います。

食感もやわらかく混ぜることによってドライタイプのドッグフードも程よくレトルトタイプにコーティングされて食べやすくなっているように感じますし、食べっぷりも違います。

よりおいしくドッグフードを食べることができる方法だと思っています。

噂は本当か!?ラテン男性の夢と現実

噂は本当か!?ラテン男性の夢と現実

乙女の心を射止める?

ラテン男子といえばやはり情熱的なダンスや甘い口説き文句を巧みに使うロマンチストというイメージがあります。私の留学先の高校で知り合ったボリビア人も例外ではなく、クラスの女子半数は口説いているんじゃないかと噂が絶つほどでした。

そんな私もいつかは彼のターゲットになり、毎日のように思わず携帯を落としてしまうほどの甘いメールがくるようになりました。

海外の女性に比べ、そんなものに免疫のない私は一気に恋する乙女となり、他の女の子たちとの噂を聞いては涙し、デートに行くたびに告白の言葉を待ちわびるように。海外の文化では数週間ほどデートし、普段恋人のするような事をして相性を確かめてから正式にお付き合いを始めるようです。

そんなことはつゆ知らず、なかなか正式に恋人になってくれない女好きの彼と何度喧嘩したものか。数ヶ月たちやっとカップルになった時は本人自身よりも愚痴に聞き飽きた友達が狂喜乱舞したほどでした。

愛情の深さは世界一?

もともとラテン男性が好みの私には夢のような日々でした。ありとあらゆる甘い言葉を巧みに使って褒めちぎってくれるうえ、ロマンチックなプレゼントやデートの連続。スペイン語やダンスを教えてくれ、文化の違いを楽しめるのはすごくいい経験でした。しかし国が違えば常識も違う。意見のぶつかり合いは頻繁にありました。

一番最初の喧嘩はクリスマス。日本ではクリスマスは恋人同士で過ごすのが一般的ですが、ラテンアメリカでは新年とクリスマスは家族の大切なイベント。普段から彼のマザコン性質にはうんざりしていたため、クリスマスの夜一緒に過ごせないと知った時は悲しかったです。付き合って二年たってもイベント事や休日などは家族を過ごすのが基本なうえ、息子ぞっこんな彼氏の母親の嫉妬には面食らうばかり。

文化の問題だし、家族思いなのは良いことを思う反面、いい歳して親離れできないのかとイライラすることもありました。そんな時たまたま知り合ったボリビア人とメキシコ人の女友だちに注意されたことがとても印象的でした。

「ラテン男性を上手く扱えるのはラテン女子だけよ。私たちは男使いが上手いけど気性も荒いから、飴と鞭の使いわけができるのよ。だからラテン同士である彼氏のお母さんと私達がぶつかり合うのは普通のこと。これに勝てるのは私たちくらいのものよ。」やはり嫁姑問題は世界的なもののようですね。

そんな彼ともすれ違いが増え、絶縁するくらいならと友達付き合いに戻ることにしました。女心をわかってくれるラ彼は、今でも大切な存在です!

二つの医療脱毛クリニックに通った経験談

二つの医療脱毛クリニックに通った経験談

あいち美容クリニックの医療脱毛体験談

毎回カミソリで剃るのがいやになり、またそのせいで黒ずんできたような気がしたので思い切って、名古屋市内にある、あいち美容クリニックでワキの医療脱毛をすることにしました。

エステより医療脱毛の方が傷みが大きいのではないかと最初は不安でしたが、初回に院長によるカウンセリングがあり、そこで分からないことをすべて質問できるので不安なく初回の施術を行うことができます。脱毛の基本的な情報、脱毛しやすい部位、脱毛の難しい部位、施術後の入浴や日焼けなど教えていただきました。

その後、アシスタントによる最初の施術がありました。初回施術後に、炎症があったときのための塗り薬をくれます。何回か使用しましたが、塗らなくても大丈夫なくらいトラブルはありませんでした。

実際一回目を施術後、1回だけなのに効果を感じました。ワキは4回でほとんど脱毛されました。最後に数本づつほど残っていたので、もう一回して完全に脱毛されました。

ここの良いところは、医院に入った時からプライベートを尊重しているところです。待合室も他のお客様と会わないように、一人づつ仕切りで隔たれた個室に案内されます。施術する部屋ももちろん完全個室で、移動の際の通路でも他のお客さんと遭遇しないように配慮されているようでした。スタッフの気遣い、サービス全体に大変満足しました。お勧めです。

予約も1-2週間前もってすれば、こちらの要望に応えてくれます。出張が多いため、来院できる日時が限られていましたが、柔軟に対応してくださいました。

湘南美容外科クリニックでの脱毛体験談

独身最後の大きな買い物をしようと思い、矢先に立ったのが全身脱毛でした。脱毛サロンも検討したのですが、やはりせっかくやるなら医療のついたハイレベルで確実な効果が出せそうなクリニック脱毛がいいと思い、クリニック脱毛に決めました。

その中でも湘南美容外科クリニックは全身脱毛の価格が一番お得でした。

しかしこの手の広告キャンペーンは後からの追加料金だったり、脱毛後のケア代が別料金だったりするので、真意を確かめるためにまずは無料カウンセリングに申し込みました。

カウンセリング自体はすぐに取れて、優しいお姉さんのもと丁寧な説明を受け、追加料金はかからないことを確認して契約をしました。

ここまでは良かったのですが問題はここからです。

なんと、契約当日から一番近くとれる初回予約が2か月後だと言うのです!当たり前ですが価格帯が安いので当然人気クリニックとなり、しかも土日に予約が殺到するため直近の予約がまず不可能なのです。仕方なく2か月後に予約を取りかえることにしました。

そして2か月後、やっと施術に日が来ました。脱毛自体は輪ゴムをパチっと当てられるくらいの刺激で、そこまでは痛くありません。施術してくださる方は看護師免許をお持ちの方なので何かあっても安心感はあります。というか何もないように入念にチェックしたり声掛けしてくれるのですが。ここはサロンとは違うとこなのかなと思いました。

しかし、ここでまた問題が発生。

なんと、背中の剃り残しがちょっとだけあると言うのです。
してこの剃り残し部分をどうするかと聞かれます。どうするかと言うのは「剃ってもらう」か「そのままにしておく」という二択です。「剃ってもらう」を選択すると追加料金1部位500円取られます。「そのままにしておく」を選択すると料金は発生しませんがレーザーも当ててもらえません。

背中なんて…人に見てもらってまで確認したのに。こんな感じの施術が何回も続きました。

予約も取りづらくて追加料金もばっちり取られる。始めは詐欺だとも思いました。しかし技術は素晴らしく、回数を追う事に毛が薄くなっているのは確実です。

追加料金を取られても止めるわけにもいかず、現在も通っていますが湘南美容外科クリニックはこんな実態もありますことを皆さんにも知ってもらえたら幸いです。

しかし技術やスタッフさんの対応は本当に素晴らしいクリニックです。あとは追加料金を取られないようにしっかり前日に毛を剃りきって下さい(笑)

働きながらの転職活動は辛い日々でした

働きながらの転職活動は辛い日々でした

私は一年前に転職しました。どうしても前の仕事が合わず、未経験の職種で転職先を探すことになりました。

まずはハローワークに登録し、フリーペーパーの転職情報誌やネットの転職サイトなど、ありとあらゆるところで会社を探していました。

まずは情報誌で見つけた会社

最初に受けたのは情報誌で見つけた会社です。

書類選考を通過し、試験を受けに行ったのてすが、正採用前に数ヵ月の研修があるとのことで、前の職場を辞めるタイミングと合いませんてした。

次にハローワークで見つけた会社を2社受けました。結果を待っている間にも転職サイトから別の会社に応募していたのですが、結局ハローワークを通して受けた会社で内定をいただき、そこで働くことになりました。

私の場合29歳という年齢と、それに加えて未経験の職種ということで、簡単にはいかないとは思っていました。

ただ実際転職活動をしていて思ったのは、働きながらの転職活動がいかに大変か、ということです。

働きながらの転職活動は本当につらい

筆記試験や面接までこぎつけても、仕事を抜けて受けに行かなければならず、その時は転職するということを上司に伝えていないため、度々「ちょっと私用で…」と行って仕事を抜けるのが大変でした。

また会社によっては向こうから指定された日時に行けなければ試験を受けさせてもらえないところもあるので、その辺りのスケジュール調整には苦労しました。

そしていい感じで面接が進んでいても、数ヵ月研修を受けなければいけない、などの条件を出されてしまうとどうしても折り合いがつかず、ある意味こちらから辞退せざるをえない場合もあります。

私の転職活動の期間は4カ月ほどでしたが、普段通り仕事をこなしながら空いた時間で求人情報を探し、週末にはハローワークに通い、同僚の目をぬすんで応募先の会社と連絡をとりあったり。そういった生活が続き、精神的にも肉体的にもかなり疲れてきていました。

もっと長くなれば、疲れて果てて雇用条件等をあまり吟味せず、とにかく早く内定をもらいたい、という心境になってしまうのではないかと思います。

近頃はハローワークで求人を出しているブラック企業か話題になっていますが、中でも新卒の採用をせず、中途採用ばかりしているような企業は、とりあえず仕事を見つけたい、という求職者の足元を見ているように感じます。

もし次に転職活動をすることがあれば、私はハローワークは使わないと思います。きちんと条件を吟味して、使い捨てにされないような会社を選びたいです。

3人の娘におそろいの着物を買って上機嫌です♪

3人の娘におそろいの着物を買って上機嫌です♪

3歳、5歳、9歳の3人の娘におそろいの着物を買いました。

高価な買い物だったので、迷いましたが、買って良かったと思っています。

お3人がおそろいの着物を着ることで華やかさが一層まして、かわいらしい写真をたくさんとることができました♪

私達は今アメリカに住んでいるんです

私たちは今、アメリカに住んでいます。

近い将来、日本に帰国する予定です。

私も主人も日本人で、子供たちには日本の文化を学んで身につけてほしいと常に願っております。

3人の娘たちが通う学校では、マルチカルチャーデーというものが一年に一度あり、それぞれの国の文化を紹介するイベントがあります。

移民の国アメリカ。実にさまざまな国のカルチャーが紹介されるイベントです♪

そのイベントの時にぜひ、子供たちに着物を着て、日本の文化を紹介してほしいと思い、3姉妹おそろいの着物を購入しました。

娘たちはおそろいの着物をきて、折り紙、ヨーヨー、紙風船などをイベントで紹介しました。

私たちが住んでいる地域には日本人がまったくいないので、みんな興味津々で私たちのテーブルの周りに大勢の外国人の方が集まり、2時間あっという間に過ぎ去りました。

文化を紹介するために用意した折り紙や、ヨーヨー、紙風船はもちろん外国人の皆さんに喜んでいただけたのですが、それよりももっと、娘たちのきている着物にみなさん興味があり、2時間子供たちは、モデルになったように、みんなに一緒に写真をとってください。写真をとっていいですか?と大忙しで、テーブル付近では、写真待ちの行列ができるほどでした。

娘たちは最初は緊張していたものの、最後のほうは着物をきて優雅なすがたに自分たち自身がうっとりしていて、写真撮影を楽しんでいました。

帰り際、娘たちに親友のママから、うちの子に着物を着せてくれないかというお願いをされました。

後日、日程を組んで、写真スタジオで待ち合わせをして、着付けをしてあげました。

すごく喜んでくれ、日本を好きになってくれた外人さんです♪

着物は日本の文化です

着物は日本文化を紹介する上でなくてはならない貴重な文化の一つです。

小さいうちから着物を着る機会があれば、子供たちも日本の文化を身近に感じることができると思います。

マルチカルチャーデーを終えて、子供たちは「学校にも着物着ていきたいな~」なんて言っています。

3人の娘たちは、着物を通して日本文化に触れ、日本をもっと身近に好きになってくれたので、

今回は、着物を買って本当によかったと思っています。